髙砂神社新能舞台鏡板の松奉納記念 – 土と石で描く 福井安紀板絵展

髙砂神社新能舞台鏡板の松奉納記念 – 土と石で描く 福井安紀板絵展
『相生』(部分)桧 30cm×88.5cm
髙砂神社新能舞台鏡板の松奉納記念 – 土と石で描く 福井安紀板絵展

『鏡板の松』 世阿弥の名作として知られ、謡曲100番集の第1番となっている謡曲「髙砂(相生松)」。瀬戸内海に面する兵庫県高砂市高砂町は、その発祥の地であり、古今集にも「髙砂、住の江の松・・・」とうたわれている。髙砂神社の荘厳な新能舞台で、昨秋旧暦の9月15日に第17回「髙砂観月能」が催され、能「髙砂」が演じられた。